僕がいつもくじけそうになると読んでいた「マイケル・ジョーダン氏」の言葉です。

どうもアキラです。

最近、だいぶ壁にぶち当たっております。

僕は事業がうまくいき、ガチョウ資産も3000万円にまでいき、今年はレクサスも購入しました。

2〜3ヶ月に1回は国内・海外旅行にも行けて、

他から見たら最高の生活じゃんと思われるかもしれません。

ですが、結論から言って

全く楽しくありません!!

しばらくは働かなくても良いくらいのお金はできているのに、

することがないので前よりもっと仕事をしている状態です。

挫折や凹んだ時に僕がよく読んでいる言葉があります。

それがこれから書きます。

「マイケル・ジョーダン氏」の言葉です。

とても参考になるので是非、読んでみてください。

マイケル・ジョーダン氏の言葉

成功は、やみくもに追い求めるものじゃない

それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ

そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る

それがわかっていない人が多いんだ

成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない

だがもし最高のレベルに達したなら

自己中心的であってはいけない

他人とうまく付き合い、一人になってはならない

気持ち半分でやることなんて出来ない

結果も半分になってしまうからね

わかりやすい格言を紹介しておこう

何事をなすにも 正しい方法と間違った方法があるという格言だ

たとえば、毎日8時間シュートの練習をしたとしよう

もし この場合、間違った技術で練習を続けていたとしたら

間違った技術でシュートする名人になるだけだ

何かを始めるのは怖いことではない

怖いのは何も始めないことだ

ステップ・バイ・ステップ。

どんなことでも

何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ

一歩ずつ着実に立ち向かうことだ

これ以外に方法はない。

成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない

仕事をこなすからこそ報酬が得られる

人生にショートカットなどない

リーダーとなるためには

行動によって仲間から尊敬を集めなければならない

リーダーとなる人は

バスケットボールの練習であれ

営業会議であれ

家族との接し方であれ

つねに言行一致を貫かなければならない

以下の言葉が人生で一番僕が大好きな言葉です。

『君には無理だよ』という人の言うことを、聞いてはいけない

もし、自分でなにかを成し遂げたかったら

出来なかった時に他人のせいにしないで

自分のせいにしなさい

多くの人が、僕にも君にも「無理だよ」と言った

彼らは、君に成功してほしくないんだ

なぜなら、彼らは成功出来なかったから

途中で諦めてしまったから

だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ

不幸なひとは、不幸な人を友達にしたいんだ

決して諦めては駄目だ

自分のまわりをエネルギーであふれ

しっかりした考え方を、持っている人でかためなさい

自分のまわりを野心であふれ

プラス思考の人でかためなさい

近くに誰か憧れる人がいたら

その人に、アドバイスを求めなさい

君の人生を、考えることが出来るのは君だけだ

君の夢がなんであれ、それに向かっていくんだ

何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ

何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ…

まとめ

さすがですね。

何も言うことがありません。

メモ書きとして残しておきます。

今の僕の状態は「親友のY君」も同じ状況になったことがあるようです。

やっぱり、こういう時の親友は本当にありがたいですね。

のんびりこの状況を打破していきたいと思います。

湿っぽくてすいませんでした。

でわ、またです。

【下記画像をクリックして、総資産3,000万円を築いた無料教材を手に入れる】 

ブログでは語られないノウハウや有料級のプレゼントをメルマガで。

メルマガ登録用_short

メルマガ読者さん限定で、僕が月収15万円から総資産3,000万円を築いた『ガチョウ資産&投資術』を無料でプレゼントします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております。

≫詳細が気になる方はコチラをクリック

2 件のコメント

  • むちゃくちゃ感動しました!

    “間違った技術で練習を続けていたとしたら
    間違った技術でシュートする名人になるだけだ”

    “何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ
    一歩ずつ着実に立ち向かうことだ
    これ以外に方法はない。
    成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない”

    今日の格言としてメモらせていただきますm(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です