米国株式の「銘柄検索条件」と「投資手法①〜⑧」について紹介します!

今日は米国株の「銘柄検索条件」とその「投資手法①〜⑧」について紹介します。

ベースの考え方はジェレミー・シーゲル教授の「株式投資の未来」バフェット太郎さんの「バカでも稼げる米国株高配当投資」の本からきております。

銘柄検索条件

・PER:20倍以下

・配当利回り:4%以上

・営業利益率:10%以上

・ROE:10%以上

・連続増配当を続けている企業である。

・直近5年の業績が上昇、もしくは下落しても回復傾向である企業である。

アキラの投資手法①〜⑧

①自分の投資スタイルを曲げない。

必ず自分の投資スタイルに従って投資をすること。隣の芝生が良くても投資スタイルを変更しないこと!

②全力買いはしない!余力を残すこと。

全力買いはしないこと。暴落時の買い増し資金として総資産の最低10%は現金で残しておくこと。

③「底値買い戦略」は利益損失の増大を招く。業績を必ず確認すること。

底値買いは「ギャンブル投資」でまだ下がる可能性有り。底値から業績回復して株価が10%程度上昇してから購入すること。

④配当は定期的に再投資する。

全ての保有銘柄が割高でも配当は定期的に再投資すること。

⑤セクターはなるべく分散する。3つのセクターがオススメである。

保有銘柄のセクターはなるべく分散すること。オススメのセクターは【株式投資の未来】より「ヘルスケア」「石油エネルギー」「生活必需品」である。

⑥公益事業セクターの銘柄は「高利回り債券」の銘柄と考えて投資をする。

公益事業セクターの銘柄は、高利回りで業績が比較的「安定」している銘柄が多いが、株価の変動があまりないつまらない銘柄でもあるので、考え方を変えて「高利回りな債券」として投資をする。

⑦保有銘柄数はなるべく少なくする(8〜16銘柄まで)

全財産を投資しても納得のできる株のみを買うこと。大量銘柄の分散投資はリターンを下げる要因である。

⑧3年チャートのRSIが「30%」以下の割安銘柄を買う

まとめ

今後、米国株に投資をするときは上記の「銘柄検索条件」と「投資方法」に従って投資をしようと思います。

追加購入を検討している銘柄は、以下の8社になります。

配当注目株 景気循環(セクター) 業種 配当利回り
(8月時点)
WBK※ 回復(金融) 銀行 6.87
RDS.B※ 後退(エネルギー) 石油&ガス 5.6
PM 不況(生活必需品) タバコ 5.8
BTI※ 不況(生活必需品) タバコ 5.41
MO 不況(生活必需品) タバコ 5.26
GIS 不況(生活必需品) 食品加工 4.3
KHC 不況(生活必需品) 食品加工 4.38
T 不況(電気通信) 無線通信 6.24

※印:ADR銘柄

お金が用意できたら上記の銘柄を購入していこうと思います。

【下記画像をクリックして、総資産3,000万円を築いた無料教材を手に入れる】 

ブログでは語られないノウハウや有料級のプレゼントをメルマガで。

メルマガ登録用_short

メルマガ読者さん限定で、僕が月収15万円から総資産3,000万円を築いた『ガチョウ資産&投資術』を無料でプレゼントします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております。

≫詳細が気になる方はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です