いま気になっている米国株3銘柄(CME・LMT・AWK)のご紹介

どうもアキラです。

僕は1週間に「最低2〜3銘柄」は米国株の銘柄分析をするようにしています。

僕はとても欲深い人間なので、

「インカム(配当)」「キャピタル(リターン)」の両方をゲットできる銘柄をいつも探しています。

その中で今、僕が気になっている米国株の3銘柄をご紹介します。

①CME(CMEグループ)

CMEグループは世界で最も大きい商品・金融先物取引所の持ち株会社です。シカゴ・マーカンタイルや電子取引システムGlobexは非常に有名です。先行指標として使用されたり、引用も非常に多く、信頼性高い取引とデータを提供しています。

詳しい事業内容については、

僕が尊敬する「たぱぞうさん」のブログを参考ください。

CMEの財務指標(楽天証券の財務指標より参照)

セクター:金融

PER:42.94倍

PBR:2.8倍

ROE:6.85%

配当利回り:1.54%

EPS(5年平均):3.78ドル

営業キャッシュフローマージン:50.4%

5年トータルリターン: 160%

10年トータルリターン(配当込み):435%

20年トータルリターン(配当込み):2030%

この銘柄のポイントは営業キャッシュフローマージンが「50.4%」とぼろ儲けしてる点である。

今の株価は割高だが、PERが50倍くらいまでは購入しても良いかなと思っています。

②LMT(ロッキードマーチン)

ロッキード・マーチンは世界最大の軍事企業です。

詳しい事業内容については、「たぱぞうさん」のブログを参考ください。

LMTの財務指標

セクター:資本財

PER:20.32倍

PBR:-

ROE:1147%

配当利回り:3.4%

EPS(5年平均):11.05ドル

営業キャッシュフローマージン:12.7%

5年トータルリターン: 90%

10年トータルリターン(配当込み):430%

20年トータルリターン(配当込み):610%

この銘柄はROEの数値が1147%と異常です。

EPSも11.05ドルととても高い利益を出しているのがわかります。

配当利回りも3.4%ととても高く、インカムゲイン銘柄として購入しても良いかなと思っています。

③AWK(アメリカン ウォーター ワークス)

アメリカン・ウォーター・ワークスは米国で最も地理的に分散された北米最大の民間上下水道会社です。

詳しい事業内容については、「アメリカ部さん」のブログを参考ください。

AWKの財務指標

セクター:公益事業

PER:29.17倍

PBR:2.98倍

ROE:10.39%

配当利回り:2.04%

EPS(5年平均):2.57ドル

営業キャッシュフローマージン:43.2%

5年トータルリターン: 115%

10年トータルリターン(配当込み):420%

20年トータルリターン(配当込み):411%

この銘柄は公共の水道事業なだけに安定感が抜群です。

債券の代わりに買っても良いかなと思っています。

水道事業の似たような銘柄として連続増配60年越えの「AWR(アメリカン・ステイツ・ウォーター)」が実績もあり、

とても有名ですが、AWKと比較して

AWRはPERが割高であり、リーマンショック後のトータルリターンがAWKより低かったので、僕は「AWK」を選びました。

まとめ

やっぱり米国株は良い銘柄が沢山ありますね。

しかも、安心して保有していられます。

今は絶賛暴落中ですがwww

まあ、いつか戻るでしょう!!

今後、余裕資金ができたら上記の3銘柄の新規購入も検討していきたいと思います。

【下記画像をクリックして、総資産3,000万円を築いた無料教材を手に入れる】 

ブログでは語られないノウハウや有料級のプレゼントをメルマガで。

メルマガ登録用_short

メルマガ読者さん限定で、僕が月収15万円から総資産3,000万円を築いた『ガチョウ資産&投資術』を無料でプレゼントします。

不要の場合は、いつでも解除可能です。
メルマガでお会いできるの楽しみにしております。

≫詳細が気になる方はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です